www.frankhesselink.com

カードローンの返済内容はクレジットカード会社の方針によってだいぶへだたりがあり、多様なやりようが選択されております。基本的なところではスライド方法やリボ法などが導入されているみたいです。こうした誰でも知ってるリボ払でも、本当のことを言うと勘定方式には多くの方法というものがあったりするのです。したがってそんな様式によっては返済合計金額が違ってしまうのですから心得ておいて負担になることはないと思います。やさしくこれらの方式のへだたりに関してを解説しましょう。はじめは元金均等払い、その次は元利均等払いというものです。両者はその名を冠する通り元本についてを均分にして返済していくというものと、元金と金利に関して一緒にして均等に支払っていく方式です。この場では10万円借金したというように、いかような計算をしていくのかみてみます。利回りに関しては両方とも15%と設定して試算します。更にリボルディングに関する額は1万円と仮定し計算します。差し当たって元金均等払いからです。かかるケースの最初の支払いについては1万円へ利子分の1250円を合計した支払額となります。2回目の引き落しについては1万円へ金利1125円を加算した引き落とし金額となるのです。かくて全部で10回にて返済を済ませると言う形式です。他方元利均等払いは1回目の返済については1万円で元金に8750円利率に1250円というようにして割り振るのです。次回の支払いについては元金が8750円に減少した状態にて利子を算出し、1万円から更に分配します。別言すれば元利均等払いの事例は10回で支払が完了しないという勘定になってしまうのです。これだけの違いで双方がどれほど違っているのか十分理解してもらえたと思います。元利均等というものは元金均等と比較し明瞭に元金が減少するのが遅いというようなデメリットというものが存在したりします。即ち利率というものを多く返済するという状態になるわけです。一方で、1度目の引き落しが小さな額ですむと言うメリットというものもあったりするのです。斯うした返済手法に関するギャップに連動して支払合計金額というものが異なってきたりしますからあなたの計画に合致する使用法をするようにしていきましょう。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.frankhesselink.com All Rights Reserved.