www.frankhesselink.com

ローンした時、お金を返す時には利率分を含めての返金になるのは誰もが知っていると思います。カード会社は利益を目的とした企業ですから必然です。とはいえ返済する方は、1円でも少なく返したいと思うのが本心でしょう。利息制限法が施行される以前は年30%近い利子返していましたが、設けられてからは高利率でも年率18%位と随分低く設定されていますので、相当良くなったと思います。今日のローンの利子枠は4%位から18%位の枠が設けられていて、利用上限額により設定されます。使用可能額は申込み本人の信用度によって決定します。総量制限により収入の1/3までと定められていますので、一年の収入がどの程度なのか?どのような仕事をしているのか?カードローンの使用履歴はどうなのか?などが調査され与信額としてクレジットカードの内容が決まることになります。カードキャッシングの場合利用可能金額が10万円〜800万円(各業者で利用可能額は一様ではありません)と広い枠があります。こうしてその間の中で決められた利用可能額により利率も決まるのです。50万円なら年間18%、300万円なら年率12%、800万円なら年間4%といった数値になります。つまり、信用度が高評価であれば、与信限度額も良くなり、利子も下がるはずです。この利息に疑問を感じるのは自分だけでしょうか?余談になりますが、銀行又は金融機関にとって、これらは常識なのでしょうが、一年の収入の高額な人がキャッシングが不可欠と思えませんし、万が一キャッシングサービスを利用したとしても金利が良かろうが悪かろうがお金の支払いに悩む事はないです。反って年収良くない人は直ちに必要だからキャッシングする方が大抵です。利子が多いとお金の支払いに追われることになります。ですから使用可能幅の低い人にこそ低金利で利用できるようにする必要があるのではないでしょうか。これは利用するサイド側としての意見ではあります。この事実を踏まえて、金利を安くする為にはどうしたら良いのか、おぼろげながら感じたでしょう。現にこれから書く方法で、申し出をする人がほとんどなので知らせますと、クレジットカードの手続きをする時、一年の収入の1/3ぎりぎりの利用限度額まで申込みを行うのです。年収900万円なら300万円でこのカード審査で全額通ればその分だけ利子が良いクレジットカードを手に入れることができるのです。であってもMAXギリギリまで使わなければならないわけではありません。5万円でも30万円でも必要な分だけの利用ができます。また最高利用可能金額が300万円で最低利子年7%位のローン会社もあります。その会社に手続きを申し込めばその企業の最低利息で使用できるはずです。どうでしょうか?やり方を変えるだけで低金利のキャッシングカードを手にすることが出来るはずです。自身の一年の収入と金融業者の設定を比較し、検討する事に時間を費やせば、より望ましい状態で借りれるので、しっかり調査するようにする必要があります。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.frankhesselink.com All Rights Reserved.