肌の乾燥が気になる季節ですね

季節の変わり目などに肌が荒れることがあります。

特に寒い季節になると、肌が気温の変化についていけず乾燥肌になることが多いようです。

乾いた空気が、肌から水分を奪います。

部屋の湿度の管理のため、洗濯物を部屋に干すことも乾燥の防止になります。

肌が乾燥してかゆみが出てくると、かきむしってしまい傷跡が残ることがあります。

皮脂の分泌が少なくなる時期には、背中やひざ下・腹・腰・太ももなどがかゆくなってきます。

市販の薬が効く場合はいいのですが、尿素入りなどは肌の弱い人には刺激になってしまうので注意が必要です。

刺激の少ない油性クリームを薄くつけるといいでしょう。

肌が乾燥しているときには、下着の縫い目がチクチクして刺激になることもあります。

見た目は悪いですが、下着を裏返して着るほかに、縫い目がない下着も市販されていますので利用してもいいですね#^.^#) お風呂の温度にも気をつけましょう。

熱すぎるお湯は肌の皮脂をとってしまうので、肌を乾燥させます。

入浴剤を使う場合には、保湿成分が配合されたものを使うといいでしょう。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.frankhesselink.com All Rights Reserved.